土岐のさくら整体院・さくら接骨院

さくら整体院へ予約0572-44-7171 土岐のさくら整体院へお問い合わせ

2018.05.27 腰椎椎間板ヘルニアでお困りなら

何年も前からの
腰痛から最近足の違和感が・・・

 
日頃から腰に不安や痛みを抱えながら生活をしている人の多くに、
 
☑突然、お尻を叩き出すしぐさをしている
☑なにか太ももの裏に違和感がある
☑膝裏の痛みや右だけふくらはぎがつりそうになる、、、
☑座っているとお尻の骨が痛く感じる
☑歩いていると足が痛くなってくる
☑突然足に電気が走るような痛みがでる
 
それは、もしかしたら“坐骨神経痛”が発症しているかもしれません。
 
 

※人間の神経分布図です。デルマトームと言います。圧迫されている神経の場所により痛みや痺れが現れる位置を表現しています

坐骨神経痛ってよく聞くけど何?

まずヘルニアとは、体内のある内臓や髄核が本来あるべき位置から飛び出てしまった状態を言います。

 

有名なところでは、股関節の前がポコっするのは、【鼠経ヘルニア】といい腸がでている場合があります。

※鼠経ヘルニアは、40代以上の中高年の男性に多く力仕事や立ち仕事、

喫煙や肥満気味、便秘の人がなりやすいと言われています。

 

次に【腰椎椎間板ヘルニア】これは、背骨と背骨の間にある椎間板(クッションのようなもの)が

後や横に飛び出てしまい、これを椎間板ヘルニアと呼びます。

 

この飛び出した椎間板(髄核)が神経を圧迫されることにより腰痛や足の痛みやしびれ、

皮膚の感覚が冷たく感じたり、

足が動かしにくくなったり、足の裏に砂がついているようなジャリジャリする感じがしたりします。

 

脊椎は頚椎(首7個)・胸椎(12個)・腰椎(5個)に分けられていて、

その全ての骨の間に椎間板があり、

二足歩行の人間では重力との構造状、頚椎と腰椎に好発します。

 

特に腰痛がある方だと骨盤の捻りや傾きもあり腰の椎間板に負担が大きくなります。

 

小学生でも最近では重たいランドセルにより、腰痛を訴えたり、

20代や30代、または50代や60代の男女でもみられます。

 

力仕事や姿勢の悪い場所での作業が多い男性に多く整形外科では有名な病気です。

※こちらは椎間板ヘルニアでお悩みだった60代の女性です。

 

どうしたらヘルニアって分かるの?

腰の痛みや足の違和感を感じられると病院や整形外科を受診され、
レントゲンやMRI、CTなど画像検査や造影剤を注射して検査・診断をします。

 

他には、足の筋力検査や知覚検査、整形外科的徒手検査法を使い椎間板ヘルニアが診断されます。

 

※これは打腱器といい三角形のゴムの部分がハンマーとなり叩くことで神経伝達速度の反射を調べます。

また、その反対の取っ手側で擦ることで知覚検査・知覚異常の検査を行います。

 

じゃあ診断後の治療は何をするの?

治療としては観血療法(手術)と保存療法(手術をしない方法)が選択されます。
 
観血療法では飛び出ているヘルニア部分を取り除く手術を行います。
 
保存療法では、コルセットの処方、薬物療法としてブロック注射、
痛み止めに胃薬、ビタミン剤、湿布が一般的に多い治療法です。
 
薬で痛みを一時的に和らげ、自然治癒力で治るのを経過観察します。
 
それでも、なかなか治らない方はさらに強いお薬が処方されることもあります。
 
整形外科により電気や腰の牽引を行い腰の除圧を狙って治療を行いますが、
よくなっている人は正直少ないと感じます。
 

じゃあ保存療法より観血療法のが
いいんじゃないの?

最近の観血療法(手術)では、傷跡も小さく筋肉や神経の負担が少なくすみます。
また、施設により一泊の入院で終わる病院もあり体力低下や生活の負担も少ないです。
 
これで良くなる人もみえますが、あなたのお知り合いにも
手術をして腰痛はよくなったけど【足の痺れがでてきた】【半年ぐらいは良かったけど】など、
 
出ているものだけを除去しても、出てきた原因を除外しないことには再発することも珍しくありません。
 
再手術をされる方、背骨を特殊な器具で固定をする方などもおみえになります。
 

【9割は手術不要】腰椎椎間板ヘルニアの治し方

 治療せずとも3ヵ月で自然治癒

https://kenka2.com/articles/550
 
整形外科の先生のブログです。
マクロファージがヘルニアを食べるという面白い記事でしたのリンクを勝手に貼っちゃいました。
 
腰の痛みや足の痛み・痺れなどまずは、ご自身のライフスタイルを見直したり(座り方や椅子を変えたり)、
朝と夜にストレッチや体操をしていることで症状が無くなったり軽くなることは珍しくありません。
 
まずは、ご自身でも大切な体のケアをしてみてくださいね。
 
もし、どうしてもそれでも治らない、手術は考えたくない、
そんな方は、一度当院にご連絡ください。なぜ治らないのかしっかり検査させていただきます。
 


★以下、整形外科を受診するも改善されなかった患者様達から感想として一部をご紹介させていただきます!

腰痛からくる太もものピリピリが改善され楽になりました。
ヘルニアと言われて整形外科でのリハビリをしても変化が無い方
一度受診されると良いと思います。ありがとうございました!
 
長年のヘルニアの痛みがすっかりよくなりました!
痛みで落ち込みがちでしたが、今は生理痛まで良くなって
元気いっぱいです♪同じようにお悩みの方におススメしたいです。
 
1年前から整形外科でヘルニアと診断されて、週2回通ってあまり
良くならずに痛み止めと湿布でがまんしながらいました。
手術も考えていたところ娘にさくら整体の事を聞いてためしたところ
3回から少し良くなって8回目にほぼ回復しました。仕事の方も痛みを
きにせずできるようになりました。
 
 
膝の痛み、腰ヘルニア、脊柱管狭窄症で腰痛と足の痛み・痺れでお悩みなら
 
岐阜県土岐市泉岩畑町1-24
腰痛と足の痺れ専門の治療院

さくら整体院・さくら接骨院へ
0572-44-7171


│ 当院について │ 診療内容 │ 症例と治療について │ 産後の骨盤矯正について │ 楽トレ │ よくある質問 │ お知らせ │ お問い合わせ │

Copyright© 2016 さくら整体院 さくら接骨院 All Rights Reserved.