土岐のさくら整体院・さくら接骨院

さくら整体院へ予約0572-44-7171 土岐のさくら整体院へお問い合わせ

腰痛は多くの方が悩まされる症状のひとつですが、進行すると腰だけではなく他の場所にも痛みやしびれなどの症状が出てきます。

その中でも腰痛と足のしびれを改善させたいと接骨院や専門医を訪れる方が多く、今回は腰痛と足のしびれに有効な予防法や改善法についてまとめてみました。

 

腰痛と言っても痛めた場所、痛め方、また何番目の腰椎や椎間板が神経を圧迫しているのかなど、によってその症状や原因も異なります。

 

例えばギックリ腰といわれる急性腰痛症は筋肉や関節などに炎症を起こしている状態のことで炎症が収まるとともに痛みも次第に和らぎます。

痛みが強い場合は、なるべく痛みを感じない楽な姿勢を取り安静に努めます。ただしギックリ腰の場合は、あまり安静にしすぎると背中や周りの筋肉が衰えることでかえって回復が遅くなるので、2,3日である程度痛みが和らいだら、無理をしない程度に体を動かします。一ヶ月あればほとんどの方が良くなっています。


腰椎椎間板ヘルニアもしくは腰部脊柱管狭窄症など腰痛が進行した状態の場合は、接骨院や病院などの専門家に診てもらう必要があります。

痛む部位や症状によって様々な治療方法がありますが、ぜひ留意して頂きたいのは、生活習慣の改善です。治療と同時に生活習慣を見直すなど、腰痛の予防をすることも今後の負担を軽くする上で重要になってきます。

 

足のしびれの原因は多くも、腰部椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症が原因となっている場合があります。他にも分離症やすべり症といった症状も原因となることが多いです。

椎間板ヘルニアのように体のどこかが変形したりして、足につながる坐骨神経を圧迫するためにしびれが起きると考えられています。その様な理由で腰痛の症状と一緒にあらわれることが多いです。

 

一般的に腰部椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症の患者様が足のしびれを訴える事は多いのですが、施術をしていくうちに徐々に「足のしびれが消えた」「楽になった」という方は実際にたくさんいらっしゃいます。腰痛や足にしびれを感じたら、ぜひ早めにご相談いただければと思います。

│ 当院について │ 診療内容 │ 症例と治療について │ 産後の骨盤矯正について │ 楽トレ │ よくある質問 │ お知らせ │ お問い合わせ │

Copyright© 2016 さくら整体院 さくら接骨院 All Rights Reserved.