土岐のさくら整体院・さくら接骨院

さくら整体院へ予約0572-44-7171 土岐のさくら整体院へお問い合わせ

脊柱管狭窄症は正しい対処によって充分に治る可能性がある病気です。

そのためには接骨院や病院などで専門家の正しい知識によって自分の症状、状態に合った対処法をとり治療する必要があります。

そして症状を改善し、これ以上悪くしないようにするために、脊柱管狭窄症に対する予防も大事になってきます。

脊柱管狭窄症の他に、椎間板ヘルニアや腰椎すべり症も腰痛の代表的な病気として知られていますが、これらの疾患は頬って置くと脊柱管狭窄症の原因になる場合もありますので、正しい対処が必要になります。これらの病気は比較的若い年齢の方も多く掛かっていますので、ご注意ください。


脊柱管狭窄症は、脊柱管の中を通る馬尾神経や神経根が何らかに圧迫されて起こる病気です。

主な原因は老化によって脊柱管が狭くなり、脊柱管の中を通る神経を刺激しやすい状態にしてしまうためとされています。

しかし老化だけが原因ではなく、なりやすい人には共通点があります。

首や腰に負荷をかけるスポーツや作業を継続的にしていたり、長時間座ったままでの作業をしていた場合、若い人でも脊柱管狭窄症になる方が多いです。


病院での治療はお薬による治療が一般的で、神経型と呼ばれる症状の多くは3,4ヶ月で症状が改善されるようです。また神経型で痛みが強い場合はブロック注射が治療に使われる場合もあります。

また稀に症状が重い場合、痛みで仕事や生活もままならない場合には手術も選択される場合があります。一般的に1,2周間の入院が必要とされます。

│ 当院について │ 診療内容 │ 症例と治療について │ 産後の骨盤矯正について │ 楽トレ │ よくある質問 │ お知らせ │ お問い合わせ │

Copyright© 2016 さくら整体院 さくら接骨院 All Rights Reserved.