土岐のさくら整体院・さくら接骨院

さくら整体院へ予約0572-44-7171 土岐のさくら整体院へお問い合わせ

脊柱管狭窄症の場合、知識のない人がやみくもに腰部をマッサージすると大変危険を伴います。強い力で直接患部を押したり、うつ伏せにして腰に負荷をかけてしまうと、最悪の場合椎間板が余計に出てしまったり、骨がもろくなっている人だったら骨折してしまうことも考えられます。

 

しかし足がしびれているからと言って足をマッサージしてもあまり意味がありません。危険性はありませんし、血流は良くなりますが、腰の神経が圧迫されているのが原因なので、足のマッサージで足のしびれの改善は期待できません。

 

マッサージで症状を改善させたい場合は、ソフトに腰をマッサージする必要があるのですが、もちろん触っているだけでは効果は期待出来ません。患部をほぐして楽にする場合は、ソフトな手技で、しかもしっかり筋肉を緩めることが重要です。それができる治療院に行くのがおすすめです。

 

また緊張した筋肉が背骨を引っ張って反り腰にするなど、脊柱管狭窄症の原因となる大腰筋、大腿四頭筋などの筋肉を緩めるのも効果があります。


大腿四頭筋が固くなると、その筋肉に引っ張られて腰椎の前反りが強くなり腰骨が反ってしまい、結果、脊柱管狭窄症や坐骨神経痛などが起きやすくなります。体の前側の筋肉を緩めて楽に動けるよう、ストレッチすることも重要です。骨盤の前傾を戻すことによって背骨も反りが和らぐで脊柱管狭窄症の症状が緩和されます。

 

脊柱管狭窄症で歩くのが辛いときのマッサージとしては、自分でできるテニスボールを使ったものがあります。おしりの痛い部分、固くなった部分にテニスボールを当て、その上に静かに寝てください。その時痛く感じる場合はタオルなどを敷いて刺激を調節します。

 

ただしそれでも痛い場合は我慢をせずに中止してください。痛気持ちいいくらいがちょうど良いです。

 

そうしてボールを利用して患部をほぐします。ボールでグリグリマッサージでするというより筋肉を柔らかくすることが目的なので、ほぐれるまで何回か行います。

│ 当院について │ 診療内容 │ 症例と治療について │ 産後の骨盤矯正について │ 楽トレ │ よくある質問 │ お知らせ │ お問い合わせ │

Copyright© 2016 さくら整体院 さくら接骨院 All Rights Reserved.