土岐のさくら整体院

さくら整体院へ予約0572-44-7171 土岐のさくら整体院へお問い合わせ

最近は椎間板ヘルニアで手術するという話はほとんど聞かなくなりました。
これは言い換えれば多くの方々が手術なして椎間板ヘルニアの症状がよくなっているということです。

椎間板ヘルニアとは、背骨の間のクッションの役割を果たす椎間板がつぶれ組織の一部が外に飛び出してしまうことを指します。その過程で内部のゼリー状の物質が膨らんだり、髄核が線維輪を突き破って飛び出したり、神経を圧迫したり炎症を起こしたりして、腰痛や足のしびれなどの症状が現れます。

病院などでの治療法で代表的なのは、痛みが強い場合には局所麻酔やステロイド薬を注射し痛みを和らげる「ブロック注射」があります。痛みを押させる効果はありますが、症状の根本を治療しているわけではありませんので、時間が経って痛みが強くなれば、また通院してブロック注射をしてもらう必要があります。

整体院では痛む場所、症状や患者様の状態にあわせて施術します。例えば適度なマッサージは患部の緊張を解き、血流を促進させる上で効果がありますし、電気治療は最新治療器の導入により、効果的に筋肉が柔らかくなり、血行が良くなります。また電気治療器を施術に使うと神経的な刺激が痛みを感じにくくさせる効果もあります。

しかし実は痛みの原因は患者様が「痛いと思っている患部」だけが原因とは限りません。当院では再発防止を含めた内臓・頭蓋骨調整を行うことでより健康なお身体へと導きます。

椎間板ヘルニアは治る事が多い病気です。どんな症状でもお気軽にご相談ください。

│ 当院について │ 診療内容 │ 症例と治療について │ 産後の骨盤矯正について │ 楽トレ │ よくある質問 │ お知らせ │ お問い合わせ │

Copyright© 2016 さくら整体院 All Rights Reserved.