土岐のさくら整体院・さくら接骨院

さくら整体院へ予約0572-44-7171 土岐のさくら整体院へお問い合わせ
腰椎椎間板ヘルニアは背骨の椎骨の間の椎間板の髄核が繊維輪の裂け目から飛び出し、神経を刺激して起きる症状です。多くの場合、腰や脚にしびれや痛みを感じますが、どの部分の椎間板がつぶれているかによって、痛みやしびれの症状は違ってきます。

椎間板ヘルニアの症状のなかでも第4、第5腰椎の間の椎間板の圧迫によって腰痛を訴える方が一番多いです。腰を曲げる時に負担がかかるのがこの部位であり、背骨の下部にあるため、他の部位より当然負担が掛かりやすくなるためです。
症状はお尻から太ももの横に痛みやしびれが出る場合が多く、次いですねの外側や膝下にも症状がでる場合があります。

第5腰椎と仙骨の間にある椎間板が神経を圧迫する場合、その症状から坐骨神経痛と誤解されることもあります。症状はお尻から太ももの裏の他にふくらはぎを通って踵、足裏までしびれと痛みを感じます。下肢に感覚障害などの症状があらわれることもあります。

その他、第1、第2腰椎の間の椎間板が圧迫されると腰痛の症状があらわれることが多く、第2、第3腰椎の間の椎間板が圧迫された場合は、足の付根、鼠径部に痛みやしびれが出ることが多いです。また第3、第4腰椎の間の椎間板が圧迫された場合は太ももの前側に痛みが出ることが多く、しびれの症状がでる場合もあります。

どの椎間板が神経を圧迫しているのかによって症状の出方が違いますが、症状の出方が坐骨神経痛と似ている場合もありますので、痛みや痺れが日常的にあらわれるようなら早めに専門家に診てもらうことをお勧めします。

│ 当院について │ 診療内容 │ 症例と治療について │ 産後の骨盤矯正について │ 楽トレ │ よくある質問 │ お知らせ │ お問い合わせ │

Copyright© 2016 さくら整体院 さくら接骨院 All Rights Reserved.