土岐のさくら整体院・さくら接骨院

さくら整体院へ予約0572-44-7171 土岐のさくら整体院へお問い合わせ
通常、椎間板ヘルニアの初期症状は、腰痛があらわれ、お尻や脚に痛みや痺れが顕れる事が多いです。長時間椅子に座ったり、前かがみの様な重心が前に掛かり、腰に負担がかかる姿勢になると症状が明らかになります。特に多く発症するのが10~40歳代の若い世代だとされています。

椎間板ヘルニアの初期症状、いわゆる痛みの急性期では、痛みや痺れの症状から坐骨神経痛を疑われる場合が多いです。ヘルニアが神経を圧迫している場所によって、背中、腰、脚、踵など症状の顕れる場所が違います。 普段から重量が掛かり大きな負担がかかっている第4腰椎と第5腰椎の間と、腰椎と仙椎の間でヘルニアが起こる頻度が高いです。そのため多くの場合椎間板ヘルニアはこの部分で起こっています。

第4腰椎と第5腰椎の間、腰椎と仙椎の間の神経は坐骨神経とつながっているため、ヘルニアによって圧迫され、坐骨神経痛の痛みやしびれを伴います。 痛めた腰の部分だけが痛む場合もありますが、腰からおしり、大腿部、下腿から足まで同時に痛みを伴うことも多く、そのため坐骨神経痛だと思われてしまいがちです。 ヘルニアの場所によっては、脚の感覚が鈍くなったり、膝や足に力が入りにくいと感じる場合もあります。椎間板ヘルニアで脚が麻痺すると感じるのは、こういった症状が出現する場合です。

稀に膀胱直腸障害と言って尿や便が出にくくなっることもあります。 最近では、時間が経過するごとに痛みや痺れの症状が改善されることも分かってきましたが、進行性の椎間板ヘルニアは放って置くと脚が麻痺したり膀胱障害などが起こることがあるため、いずれの場合も専門家に診てもらうことが大事です。

│ 当院について │ 診療内容 │ 症例と治療について │ 産後の骨盤矯正について │ 楽トレ │ よくある質問 │ お知らせ │ お問い合わせ │

Copyright© 2016 さくら整体院 さくら接骨院 All Rights Reserved.